www.cindybellinger.com
破産の手続きを実行したとしても裁判所などから家族や親類にダイレクトに電話がかかるといったことはないと言えます。従って家族や親類に明らかにならないように自己破産申請できるかもしれません。ところが、実際のところ自己破産というものを申立てる時に司法機関から同じ屋根の下に住む親族の給与を記した書類や預金通帳の複写物等の証明書類の提出を求められるというような事態もありますし、借入先から親族へ督促が来ることもあり得ますので、家庭に秘密がばれないように破産の手続きが行うことができるという保証はまずないといえるのです。近親者に隠匿してあとで露見してしまうことに比較すると正直に本当のことを打ち明けて家庭の方々全員が協力し合って自己破産手続きを克服する方が望ましいといえるでしょう。その一方、異なった場所に住む親族に関しては破産の申告を行ったのがばれてしまうといったことは当面のところ不安に思う必要はないと理解してください。夫あるいは妻の債務を失くすことを主眼として離婚を検討するカップルもいらっしゃるようですが実は、たとえ夫婦であっても基本的には当人が(連帯)保証人になってしまっていないということであれば法律の上では強制はあるとは言えません。しかし書類上の(連帯)保証人という立場を請け負っているならば別れることを実行しても保証人という身分としての責務に関しては残っているため法的な支払い義務があると考えられるのです。つまり離縁することを行うだけで負債の法的な支払い義務が解消するようなことはまずないのです。そして、債権を持つ会社が借り主の親族に支払の請求に及ぶケースもありますが保証人ないしは連帯保証人という立場になっていないということであれば子と親の間ないしは妹と姉の間というような親族間の負債などについて借りた本人を除く家族に民法において支払い義務はないのです。そもそも、支払い義務を負っていない家庭の人にを対象に請求をすることは貸金業関係の法律における政府機関の実務規則内で制限されているため、支払催促の実行方法にもよりますが請求の取り決めに違うことにもなります。よって、支払い義務が存在しないにも拘らず借り手の近親者が支払いの請求を不当に受けてしまったようならば、貸し手に向けて支払いの督促を停止するよう通告する内容証明を出すのが良いでしょう。しばしば破産申請者その人の事が見てられないからと思うが故に本人を除く家庭が肩代わりして返済してしまうようなこともありますが、借入者本人が甘えて何回も借金のトラブルを繰り返してしまうことがよくあるのです。よって借りた本人気持ちを考慮すれば厳しいかもしれませんが借りた本人力で借入金を返済させるかそのようなことが出来ないようであれば自己破産の申立てを行わせた方が借り手本人の長い人生をまっとうするためには良いと思われるのです。