www.cindybellinger.com
雑誌の宣伝広告、タブロイド紙、電話ボックスに張り付けられたビラやDMなどで、「借金の合理化任せてください」「借金をまとめたいですよね」などの宣伝を目にすることがありませんか。「片付け屋」「買取専門屋」「紹介者」という俗称の悪徳企業の宣伝のケースもあるのです。そういったものを使用したケースでは自己破産申請フローの中で最優先の免責許諾を得られないパターンもありえます。「片付け屋」では、ビラなどで借金を抱える人は集め高い依頼料を受けて債務整理をしますが、結局のところ借金整頓は行われず、当人はより債務地獄に堕ちてしまう結末がすべてになります。「買取屋」の場合は、借金者のローンで電化製品、何らかの券を限界まで購入させ借金者からそういった品々を売値の20%もしくは額面半値で引き取るという手段をとっています。負債者は一時はキャッシュがもらえますがいずれカード会社経由の購入品の請求が送られてきて、実際は負債額を悪化させる結果になります。このケースだとクレジットカード業者へ詐欺であるとされてしまい免責がもらえません。「紹介屋」では大口の消費者金融から借りられなくなった借金者に対し、業者としては提供は一切せずに、金貸しをしてくれる他の企業を知らせ、高額な紹介料を請求するグループです。紹介業者は高度な努力で金貸ししてもらったというように解説しますが、何もしておらず、審査のゆるい会社を説明しているだけというやり口です。この場合も現実には負債額を重ねる結果となります。