www.cindybellinger.com
民事再生という選択肢は住宅ローンを含め多重債務の問題に困っている人々を対象として住宅を維持しつつも金銭管理の面で立ち直っていくための法的な手段として2000年11月に施行された法律です。自己破産制度みたいに免責不許可となる要素はありませんので、賭け事などで借金がふくらんだような場合においてもこの方法は問題ないですし、自己破産をすれば業務が不可能になるリスクのある資格で生計を立てている人でも民事再生手続きは可能です。自己破産では住んでいる家を保有したままにすることはできませんし特定調停等では、元金は払っていく必要がありますので、住宅のローンを含め払っていくことは多くの人にとっては簡単ではないと思われます。ですが、民事再生による処理を採用できればマンション等のローンを別とした借金額は十分なお金を減らすことができますので、十分に住宅ローン等を支払いつつあとの借入金を返済し続けるようなこともできるといえます。といっても、民事再生という方法は任意整理と特定調停などと違いある部分のみの債務だけを除き処理していくことは考えられませんし破産のように借り入れ金それ自体消滅するということでもありません。くわえて、これ以外の債務整理と比較すると簡単ではなく手間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおりマンションを手放したくないような状況等以外の、破産手続きのようなその他の整理方法がない場合だけの限定された解決策と見ておいた方がいいでしょう。